ロケットストーブ

年末年始で作ったロケットストーブ。
これまでは精々湯沸かしくらいにしか使ってませんでしたが、もうちょっと実用的な事をやってみよう!
という事で、ご飯を炊いて見ました。
炊飯といえば飯盒…何ですが、家中探しても見つからない。
まあ、よくよく考えたら別に飯盒である必要はないので、ロケットストーブてお湯を沸かすのに使っている鍋を使う事に。
我が家では数年前にコンロをガスからIHに切り替えたのでアルミ鍋は不要になっていたんですが取っておいて良かった。
ロケットストーブは煙が少ないとは言ってもやはり黒焦げになりますので。
米は三合。
水はおおよそ700cc程度。
ストーブに火をつけ始める時から鍋を掛けておけば、おおよそ始めチョロチョロな感じです。
あとは沸騰して来たら多少マキを追加して気持ち中パッパを再現。
瞬間火力を出すには、セージの枯れ枝が大活躍。
なんか油分多いんだろうなー。
そんなこんなで蒸気の吹き出しが弱まって来たら鍋を下ろして蒸らしへ、と思ったのですが、
この時点で丁度マキが燃え尽きて熾火になったので、鍋を再度掛け直して多少加温しながら蒸らしました。
10数分後…恐る恐る開けてみるといい感じに炊けてました!
8Rで炊くより全然楽!
家族で美味しく頂きました。
気持ち固めだったので水は多めでいいかもしれませんな。
これで停電が来てもご飯は食べられます!
もうそんな機会がない事を祈ってますが…







| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスパラガス惨敗...

Fr_3214_size640

私、アスパラガスが大好き!
ということで、春先にタキイからジャンボアスパラガス4株を購入。
これで2年後には食べ放題?
...と思ったのですが、結局芽が出たのは一株のみ。
一応掘って確認しましたが跡形もなくなってました。
ちょとお値段は張りますが、種から育てるより確実で
収穫までの期間も短縮できるということで株(根っこの部分)を買ったのですが
何が悪かったんでしょうか?
いやぁ、結果的に1株3千円也、高い買い物になりました。
素直にその辺のホムセンで、芽が出た苗を買ってきますわ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対ヤブガラシ戦 2016

Yabukarasi_2
今年もヤブガラシとの戦いの季節がやって参りました。
こいつは放っておくと巨大なヤブを形成して大変なことになります。
(実際大変なことになった)
厄介なことに、こいつは頑強な地下茎を持っており駆除が非常に困難です。
地上部を抜いたり切ったりしても全く効果がありません。
根っこも完全に除去するのは不可能でしょう。
そんな訳で、こいつと何年か戦ってきた経験から得た対処法です。

1.用意する物
 グリホサート系の除草剤、霧吹き
2.方法
 とにかくこまめに監視して、芽が出てきたら切ったりせずに除草剤を掛ける
 あとはひたすらこの繰り返し。

以上

もっと簡単な方法は無いのかとお思いの方もいるでしょうが、急がば回れ。
これが一番確実です。
グリホサート系の除草剤は、植物の葉などから吸収されて根も含めた全体に回って
枯らすのが特徴です。ですから芽は抜いたりせずにそのまま掛ける訳です。
枯れるまで1週間程度掛かりますから、気長に待ちましょう。
それと、散布後にすぐ雨が降ると効果が激減するので注意。
で、実はこれをやって枯らしたと思っても、しばらくするとまた芽が出てきます。
とにかく地下茎の耐久値が高いのです。
諦めずに良く監視してこれを繰り返しましょう。
除草剤によって多少なりとも根にダメージが回りますし、植物ですから
葉っぱが茂らなければ栄養分も作れずジリ貧です。
一度大きなヤブを形成したら、それだけでも大規模に地下部が構築されているので
壊滅させるには年単位の時間が掛かると思った方がよいです。
我が家はこの方法で3年目ですが、もう思い出したように芽が出てくるくらいで
以前の勢いはありません。
ただ、ここで油断すると元の木阿弥なので今年がヤマかなと思って
庭パトロール強化中です。
ただお隣さんは放置なんだよなぁ...(溜息)

| | コメント (0) | トラックバック (0)